1,404円(税込)

BRAND : THE LAUNDRESS
CATEGORY : LIFE STYLE, HOME, THE LAUNDRESS,
NUMBER : woolcashmere60
THE LAUNDRESSよりドライクリーニングでしか洗えなかった大切な衣類が自分の手で洗える洗剤【ウール&カシミアシャンプー】のご紹介です。

汚れを落としつつ編み糸の天然成分を保護する役目があります。
香りは”シダーの香り”。優しい針葉樹の香りは防虫効果が高く、洗い上がり後も害虫を寄せ付けません。

シミや汚れがついていたら【ステインソリューション】を汚れた部分につけて、あらかじめプレケアをしておくか、【ウォッシュ&ステインバー】(皮脂汚れ・油汚れに最適)を使用しましょう。

手洗いの場合

1. 30℃以下の水と洗濯する洋服を洗面器に入れます。
※色物は一緒に入れないようにしましょう。

2. 【ウール&カシミヤシャンプー】を2〜3回出して(もしくはキャップ2杯分)加えて下さい。

3. 手で水とシャンプーをよくかき混ぜてください。

4. 最低30分間シャンプー液に浸けておきましょう。
※それ以上長く浸けておいても、特に問題はありません。
※もし液体中に色が染み出してもあわてないで下さい。これは正常なことで、単に編み糸の染料の色がにじみ出ているだけです。
洋服の色合いが変わることはありません。

5. 洗剤成分がなくなるまで、30℃以下の水を洗面器に注いでよくすすぎましょう。

6. 洗面器から洋服を取り出し軽く押して水を切ります。 ※ねじって絞らないでください。
7. タオルを平らに敷き、洋服をタオルの上に平らになるようにのせましょう。

8. タオルで洋服をくるくる巻いて(めん棒をころがすように)、余分な水分をとります。

9. タオルの上または乾燥用ラックの上に、洋服を、元の形のとおりに平らに広げます。

10. 洋服が乾燥したら、折り畳みましょう。次のシーズンまで収納するなら、【ファブリックフレッシュ(シダーの香り)】をスプレーして収納すると良いでしょう。


洗濯機で洗う場合

1. 毛玉ができにくいように、洋服を中表にしてメッシュバッグに入れます。

2. 洗濯機の設定をデリケート(ドライマーク)コースにセットし、【ウール&カシミヤシャンプー】をキャップ2杯分加えて下さい。

3. タオルの上または乾燥用ラックの上に、洋服を、元の形のとおりに平らに広げます
※乾燥機は絶対に使用しないで下さい。

4. 洋服が乾燥したら、折り畳みましょう。次のシーズンまで収納するなら、【ファブリックフレッシュ(シダーの香り)】をスプレーして収納すると良いでしょう。


《ATTENTION》 ※ 洗濯前に、必ず素材を確かめましょう。

※冷たい水に比べてあたたかい温度で洗うと汚れを取り去りやすいですが、おしゃれ着など繊細な繊維やウールを洗うときは、30℃以下の水を使用して下さい。
BRAND
『THE LAUNDRESS(ザ・ランドレス)』は2004年3月、ニューヨークでスタートしたファブリックケアのスペシャリティブランドです。ドライクリーニングを使用せず大切な服を自分で洗い、ケアすることをテーマにスタイリッシュで環境にも配慮されたファブリックケアアイテムを展開しています。
- ファッションを愛する人のために -
ザ・ランドレスでは、日常のお洗濯に使っていただけるベーシックな洗剤や柔軟仕上げ剤はもちろんのこと、 白い衣類用、濃い色の衣類用に特化した汚れに強い洗剤やデニム専用洗剤、 本来ドライクリーニングでしか洗うことのできなかったウール&カシミアなどデリケートな素材に特化した洗剤など、 素材に合わせてこだわった製品がラインナップされています。

PROFILE
設立者であるLindsey Wieber(リンジー・ウィーバー)とGwen Whiting(グウェン・ホワイティング)は共に名門のコーネル大学(米国)でテキスタイル、アパレルデザイン、マネジメントを学んだファブリックのスペシャリスト。
3年間に及ぶ研究と開発を経てファッションを愛する人のためのファブリックケアブランド『THE LAUNDRESS』をスタートさせるに至りました。

CHECKED ITEM